障がい者グループホーム

kukulu & smile heart

障がい者グループホーム

kukulu & smile heart

「それ、誰のための


ルールなの?」
型のない福祉の


「かたち」を


クリエイティブに

私たち合同会社なないろの社会福祉事業所「なないろ」が運営するグループホームは、少し変わっています。




普通のグループホームにありそうなルールは


ここ「なないろ」にはほとんどありません。

よくあるルールは、たいていが

「管理しやすいから」

「それがジョーシキだから」

という理由でつくられています。

でも、それらのルールは


入居者さんや、そのご家族のためのものでしょうか?

たとえば、

「〇〇してはダメ」

「△△しなきゃダメ」と

ルールでがんじがらめの私たちの生活を想像してみてください。

きっと、きゅうくつで息苦しくて

「楽しいなぁ」

「幸せだなぁ」

「自分らしく生きてるなぁ」

とは思えないのではないでしょうか。

入居者さんにとって、グループホームは「人生」の一部。

その人らしい人生を送るために必要なルールを少しだけ。

私たち一人ひとりに個性があるように、


必要なサポートも人それぞれ。

だからこそ、その人にいらないルールで


人生をきゅうくつにしたくはありません。

「型」にとらわれない


なないろ
その人に合う「かたち」を


もっと自由に

私たち「なないろ」は


安全面やセキュリティなどを考えた最低限の決まりごと以外は


できるかぎり余計なルールをつくりません。

とはいえ、ルールが一切ない無法地帯でもありません。

原点にあるものは、ひとつ。

「誰のためのルールなのか?」

たとえば、


栄養面のいきとどいたふだんの食事も大切にしつつ、


たまにはハンバーガーとコーラで「乾杯!」したりと、


カラダだけでなくココロが喜ぶ選択肢を、しなやかに選んだり。

その人らしい人生をかたちづくるのに必要なことを


一人ひとりと向き合い、探して、見つけ出して、


「これ、うまくいきそうだね」をサポートしていきます。

「障がいのある・なし」にとらわれず、


「さまざまな偏見や思い込み」という障害の枠を


私たちは超えていきます。

互いへの敬意をベースに。

障がい者グループホーム

kukulu / smile heart

私たちは福祉事業所『なないろ』が運営する障がい者グループホームです。

MENU
PAGE TOP